稽古場レポート

2019年6月 7日 (金)

ニクバナレ第 1 回公演「今⽇、きみがいない」(6⽉12⽇~6⽉16⽇ 中野ウエストエンド)稽古場レポート04

稽古場最終日。申し上げた通り、昨日当たれなかった場の転換確認したうえで、通し稽古いたしました。
初回通しなので荒い部分は目立ちましたが、方向性を再確認し、また今後の課題も見つかる良質な通しだったと思います。現況で揃っている道具なども使用し、慣れもだいぶ見え始めました。
演出という仕事において、「ここで笑わせてほしい」「ここで泣かせたい」という観客を操作するような言葉は使わないように心がけています。僕自身、何かに対し感動することはありますが、誰に対してもその共感を強要できませんし、またその感動は誰にも邪魔できません。それは観客の立場でも同様ですので、演出として役者に「共感させる」内容を指示するということは傲慢であり、「そう思ってほしい」という押し付けがましい印象を与える恐れがあるからです。今回、会話劇であることは申し上げましたが、そこにあたかも偶発的に起きてしまった事件として見られないのであれば、会話劇の楽しみは半減してしまいます。脚本が存在する以上、そこには確かに既存の筋道があり、それをなぞる作業になってしまいがちですが、あらゆる可能性の中で、それが起こってしまった必然性を探すことを怠けてはいけません。それが全て偶然起こった事件として観客が目撃した時に、感動や笑いが生まれると信じています。もし、観客の反応を求めるのであれば、脚本の可能性の中で、その筋道を立てなければいけません。それは無数に存在しますし、役者の特性によってもバリエーションが違います。それを演出と役者で団結して模索することが肝要だと考えております。
もちろん、演出としての力量によっては、 その筋道を役者に指示するだけで、あたかも観客の反応が演出の思うがままであるような印象を与える舞台もありますが、今回は自身の実力不足と、より深く考察を重ねたいがために、役者とのディスカッションを緻密に繰り返しております。そのうえで、どんどんこの舞台の魅力が溢れてきていることを肌で実感しております。
まだまだ、稽古は重ねていきますが、より沢山の筋道を見つけ出し、より魅力的な物語を偶然のように起きた事件として皆様に目撃していただけるよう、まだまだ邁進してまいります。


ニクバナレ主催 佐藤弘樹

2019年6月 6日 (木)

ニクバナレ第 1 回公演「今⽇、きみがいない」(6⽉12⽇~6⽉16⽇ 中野ウエストエンド)稽古場レポート03

本日も10:00より稽古開始。
全シーンの転換などを順に当たり、ミザンス確認も含めて止め通し。ようやく全体の物語を俯瞰できる。
今回芝居の上で重要となるのが、「モニター」の存在である。通常役者から発せられる台詞が文字情報となって表示される。物語の内容を少々詳らかにしてしまうが、今回人工知能が登場する。「膨大な情報の中から的確な言語を選び出し、会話する」AIだ。作中の人物の性質を模倣し、人物の情報全てを入力した設定である。
役者として、このAIと対した状態は非常に面白い。文字情報のみなのでどのような言葉が発されているのかは想像で補われることになるが、それは受け取る役者のさじ加減であり、また、模倣した人物がどのような性格なのかを担った役者が表現を全うできているかによって質が大きく変わる。何度も繰り返していても、同一に見えず、新たな発見が生まれてくる。一度ずつ、大切に稽古を迎えたい所存である。
また、身体に関しても、どのような表情を持たせるかは非常に演出として気を使っている部分である。
首の振り向き一つ、手の取り方一つでも簡単に雑味やその他の意図が組めてしまう。もちろんその多様性を利用できる場合も多々あるが、今回は具に小気味好い呼吸とテンポ、動きに注力しているため、稽古中にはその一瞬間を反復してどれだけ見つけられるか、そしてそれをただの再現でなく、再生させられるかに挑戦しているつもりだ。
いよいよ明日がこの稽古場の最終日である。また通し稽古を予定している。たくさんの発見を抱えた上でどこまで進化できるのか、まだまだ楽しみで仕方ない。

ニクバナレ主催 佐藤弘樹

2019年6月 5日 (水)

ニクバナレ第 1 回公演「今⽇、きみがいない」(6⽉12⽇~6⽉16⽇ 中野ウエストエンド)稽古場レポート02

本日は10:00より稽古開始。戯曲内容として、少人数でのシーンが連続するため、その詰め作業を行なっています。
台詞の読み方というのは無数に存在しますが、関係が濃密になればなるほど、その選択肢は狭まっていきます。表現として抽象的な言葉をより具体的に捉える上で、台詞に動詞を与えるという作業が有効な場合があります。例えば台詞に「殴る」という動詞を与えた時に、どのように言葉を発するか。それは恐らくほとんどの場合、聞いてる人間に危険な印象を与えると思います。普段人間は感情で動いたり、言葉を発しますが、役者の障害として、感情を考えすぎて自然な言葉を発せない、あるいは自然な状態を持続できない場合があります。その助けとして、動詞のイメージを与えると感情を引き起こし、表現が明確になります。面白いことに動詞を変えるとガラリと状況や関係性が如実に変化します。本日はそういったエクササイズも含め稽古を行いました。
またシチュエーションとして難しいのが、行動をしながら言葉を発すること。今回会話劇として成立させるために、如何に行動目的を持ちながらコミュニケーションを取るか、を課題にしております。どうしても台詞を発する上で構えてしまったり、力みを取る作業を重点に置いている次第です。その対策としてはとにかく繰り返すこと、そしてそれが作業となってしまったら崩すこと。その行き来によってあらゆる可能性を先に体験して、身構える必要をなくし、どんな場合でも対応できるように備えること。今回は時間の許す限り、反復を重視しております。不思議な座組で、繰り返すことが苦にならず、やればやるほど、それぞれ発見と工夫を行えるので、演出としてはこれからの発展が楽しみです。
どうぞ引き続きよろしくお願いします。

ニクバナレ主催 佐藤弘樹

2019年6月 4日 (火)

ニクバナレ第 1 回公演「今⽇、きみがいない」(6⽉12⽇~6⽉16⽇ 中野ウエストエンド)稽古場レポート01

今回の「今日、きみがいない」という戯曲は書き下ろしていただいた会話劇です。本日からサブテレニアンをお借りして、舞台ほぼ実寸での稽古となりました。
その上で、七人での動きや出ハケの確認を済ませて、冒頭から稽古の足りてない部分をさらって洗い出し作業。更には小道具なども含めての稽古で、場のコミュニケーションの発展や可能性が見え始めました。
中でも、主演との関係性を本日は重点的に確認。今回はテクニカル面で特殊な演出があるため、いかにその他をスムーズに行えるかが課題となります。実際の機材が導入できるのはまだ先のため、人為的な面を固める作業に注力する期間です。
また、今回は会話劇の上でも少しシュールな表現を演出するつもりです。自身の好みとして、「想像を掻き立てる何か」「言葉の裏の真意」の表現にどこまで迫れるかに挑戦していきます。
もちろん、まだ成果としては未熟ではありますが、もともとが気心の知れている、共演機会の多い役者集団のため、単純なコミュニケーション、息の合わせ方などは問題なく、さらにより深い意思疎通、あるいは当意即妙なアドリブなどに挑戦していければと思っています。
自身も役者として出演いたしますが、その際には役の裏に潜む「履歴」を大事にしています。バックグラウンドが、役としての発展の可能性、相互関係の基盤になると考えているため、それに準じていない動きや発声には自他共に注意をしているつもりです。まだ、現段階では役の「履歴」を全うできているものはおりませんが、稽古最終日までには納得できる形を作りたい、作れると確信しております。
明日以降もそれを基盤に役の可能性、それぞれの関係性をよりシュールに、さまざまな想像を掻き立てる表現を模索していきます。またテンポに関しても、重視しておりますため、心地の良い間をいかに見つけるかも心がけてまいります。
どうぞ引き続きよろしくおねがいいたします。

ニクバナレ主催 佐藤弘樹

2019年1月12日 (土)

捏造タイムスリップ 稽古場レポート稽古場レポート07

脚本家の水谷です。
今日は集中稽古7日目。
今日は演出家の中原さんから台本を覚えるとはどういうことであるのかと言う話がありました。
台本とはいわば、地図。そして実際に目的地へと歩くことが芝居です。
例えばある目的地に向かおうとする時、僕たちは事前に地図で道順を調べます。
しかし歩きながらずっと地図を見ていたら車にひかれるかもしれないし、マンホールの穴に落ちてしまうかもしれない。
この「地図だけを観ている状態」は台本のセリフを順番に言うことに必死になり、この場にリアルに生きれていない状態です。
逆に地図の内容が頭に入っていなければ、目的地とは全く別の場所へと向かってしまいます。
そのため、自分がこれから通るルートの大筋は頭に入れておき、随時確認しながらも、基本的には今歩いている道に集中することが大事だと中原さんは言います。
地図上で外せないポイントというのが脚本上のセリフであり、そのセリフとセリフの間を途切らせることなく、
自分の生理をつなげること。それこそが脚本読解だそうです。
本日14時からは通し。各々の知り合いや楽曲を提供してくれた方が、
初見のお客さんとして観に来てくれました。
笑ってもらえた箇所がありながらも、やはりまだまだ課題はたくさん。
特に中原さんは、いつもなら言えていたはずの言葉がつっかえてしまう現象について言及しました。
人間の体の状態は常に一定ではありません。食事の後、寝て起きた後は体が眠っています。
この状態でいつもと同じセリフを言おうとしても、相手に届けようとする力はどうしても弱くなります。
だからこそ、体が動かし、目を覚ましておくことが重要と中原さんは伝えます。
ついに集中稽古も最終日。
明日は少し休息し、自主練をした後に本番前ラスト稽古。
緊張感も少しずつ高まっています。
最終的にどんな作品になるのか?
自分にとって初めての長編脚本ということもあり、不安もありながらもとても楽しみです。

2019年1月11日 (金)

捏造タイムスリップ 稽古場レポート06

脚本家の水谷です。
集中稽古も6日目。いよいよ終盤です。
まず午前中は、シーンの抜き稽古ということで指定されたシーンの役者だけを呼んでひたすら稽古。
今日、演出家の中原さんが言っていたのは、舞台上で感情を作らないというもの。
例えばあるシーンがうまくいかない時、
「ここは相手のことを好きにならなきゃ」「ここは相手と信頼関係が出ていなきゃ」
と考えても、お客さんには伝わりません。
お客さんには、役者の行動と態度(アティテュード)によってのみ、その役の心理状態や関係性が伝わります。
行動とはどのようなセリフと言い、どのように動くのか、ということですが、
態度(アティテュード)とは、目の前の相手に対する状態、振る舞いのこと。
好きな相手なら前傾姿勢になるし、苦手な人なら体を仰け反る、というように
人は相手によって態度(アティテュード)を変えています。
ただしこれは舞台の上で意識するものではありません。
他の役との関係性をあらかじめ作り、無意識レベルでなじませておくものです。
では、例えば相手のことを好きじゃないと成り立たない場面でその感情が生まれなかった時、
役者はどうすれば良いのでしょうか?
中原さんは「真摯にセリフと向き合うことが大事」と言います。
与えられたセリフを使い、目の前の人にちゃんと言葉を伝えようとすると、
自然とそのセリフに込められている感情が自分の中で沸き起こってくる。
ダメなのは「好きにならきゃ」と無理やり感情を作ろうとしたり、「あぁ、好きな気持ちが出て来ない。ダメだ」と諦めてしまうこと。
舞台は一度始まったらもう戻ることはできない。そしてそのシーンで必要な気持ちが湧いて来なかったと言う事実も消えません。
役者にできることは、それでも与えられたセリフと向き合い、それをただ誠実に伝えようとすること。
そのことによってのみ役者は、そのシーンに必要な自分の気持ちへと自然になることができます。
長いと思っていた集中稽古も明日が最終日。
また通し稽古があります。どのような仕上がりになるか楽しみです。

2019年1月 9日 (水)

捏造タイムスリップ 稽古場レポート05

稽古場レポート 5日目
脚本家の水谷です。
今日は音響さんが来たので、音楽の入りのポイントや尺をまずは確認しました。
その後、最初から最後まで通し稽古をおこないました。
しかし本日は、連日の稽古の疲れが出ているからか、セリフが飛んでしまったり、これまではテンポ良く仕上がっていた掛け合いがハマらなかったりと、
なかなかに課題が多く残る通しとなりました。
そのあとのダメ出しで演出家の中原さんは、
「仮に、今日はテンポが悪いな、全体のエネルギーが弱いなと感じても、自分の中でエンジンを上げてしまってはダメ。
それらは全て無理した芝居であり、結局ウソの感情になってしまう。
もちろこれまで稽古で言われたことや、言わなければならないセリフ、守らなければならない動きはある。
しかし舞台の上に立てば、あとはもう裸の状態でそこにいて、目の前にいる登場人物によってしか、
自分の感情が変わることはない」
と指摘します。
また自分のセリフを言い慣れて来た役者に対し、
そのセリフをいつも同じ言い方で、同じトーンで、いわば「決め打ち」の状態で言ってしまっていることも指摘しました。
もちろんお客さんには、お金をいただいている以上、毎回同じクオリティの作品を見せなければなりません。
しかしそれは、常に決められた固定の振る舞いをすべきということではない。
毎回、役としての自分がそのシーンで感じることは違うはずで、それを活かさない芝居はただ形だけのものになってしまう、と中原さんは伝えます。
そのためには、相手のどのセリフで、自分が次のセリフを言う生理になっているのかを事前にしっかりと考え抜き、
そしてセリフを使いこなすことが大事だと。
脚本に書かれたセリフを自分が言いたくなるように生理を持っていき、
そして次の相手のセリフが生きるように、そのシーンで伝えたいことが伝わるような生理になるために、
その役がどんな人生を歩んで来たのかとしっかりと考えること。
その上で、舞台に立てばあとは裸のまま他の人物との会話を楽しむことが大事なようです。
明日もまた通し稽古。今日の快打を各々の役者がどうやって解決してくるか。
とても楽しみです。

捏造タイムスリップ 稽古場レポート04

脚本家の水谷です。
今日は集中稽古4日目。
今作「捏造タイムスリップ」は全3幕構成。
そして今日の稽古で中心的に扱ったのは、第3幕の中でもとくに終盤のシーンです。
そこで、演出家の中原さんは「そのセリフをなぜ言いたくなるのかを自分の中で持っていないとダメ」と役者に伝えます。
このシーンでは、千石という登場人物に対して、他のキャラクターが順番に声をかけます。
一人一人の視点によって、千石の気持ちが少しずつ変化し、最後の最後で大きく彼の行動が変わります。
しかし、「台本に書いてあるから」「前の人が言い終わったから」という理由でそのセリフを言うのであれば、そこにリアルはありません。
もしかして、自分の前の人のセリフによって千石の気持ちが変わり、問題が解決するかもしれない。
そうなったら自分がセリフを言う必要はないわけです。
千石がどうなるのか分からない、という緊張感や不確定さをしっかりと保つように、と中原さんは仰っていました。
また、過度に他の登場人物の事情を知りすぎていると中原さんは指摘します。
当然ですが、役者たちは先の展開を知っています。しかし、登場人物たちは次に何が起きるのかを知りません。
本来その役が知るはずのない他の役の過去や裏の目的を知っているからといって、過剰に感情移入したり、ご都合主義的な反応をしてはいけません。
また、あまりにも台本を知りすぎた上で芝居をすると予定調和のものになってしまう、と中原さんは指摘します
その役として舞台上で生きるため、自分の役が何を知っているのかを整理することも非常に重要なことのようです。
今日で集中稽古も折り返し。小屋入りまで1週間を切りました。
稽古が始まったばかりの頃はなかなか自分の役を掴めなかったものの、この数日で驚くほど良い芝居をするようになった役者もいます。
彼らが本番、舞台上でどのように生きてくれるのか、とても楽しみです。

2019年1月 8日 (火)

捏造タイムスリップ 稽古場レポート03

本日は集中稽古3日目
脚本家の水谷です。
午前中は最初のシーンに出る2人だけ稽古場に来てもらって稽古。
演出家の中原さんから今まで以上に厳しい声が飛びます。
今回の舞台に登場する役者は8名。
そのうち約半数は、中原さんにとって初めて一緒に舞台を作る人間です。
そのため中原さんは、特に稽古の初期段階である11月~12月前半は、「役の生理を大事にする」という自らの演劇方針を伝える時間を丁寧に取り、
また一人一人の役者がどんな人間かをじっくりと見てきました。
役者たちと信頼関係を築き、また集中稽古も初日、二日目と経ることで、彼らの熱量が高まり、集中力が増してきた今だからこそ、
これまでよりもさらに精度が高く、さらに高レベルことを役者に求めるようになります。
今作「捏造タイムスリップ」では大学が舞台。そして登場人物が所属する部活が廃部の危機にさらされます。
ではこの時、この大学には何人くらいの学生がいるのか?他にはどれくらいの数の部活があるのか?
また彼らがいる部室は、あるキャラクターにとっては数年間毎日のようにいる馴染みの場所です。
しかしあるキャラクターにとっては、初めてきた少し居心地の悪い場所でもあります。
このようなリアリティを無意識レベルで自分に根付かせ、各々の役がリアルにそこにいるという状態にしておかないと、
物語が進み、人間関係や状況が激変したとき、彼らがいる場所がただの空間になってしまう、と中原さんは役者に伝えます。
そして夜からは通し稽古。
今回は照明さん、舞台監督さん、そして知り合いを呼んだ上で通しを行いました。
今作「捏造タイムスリップ」はとある人間に「ここは50年前の1970年だ」と思い込ませる作品。
後半に行くほど、情報量も多くなるため、初見の人にどれだけ伝わるのか不安でしたが、純粋に笑ってくれる方もいて、
役者たちにとって大きな自信になったようです。
もちろんそれ以上に一人一人に課題はまだまだあります。
残り数日でそれをどこまで突き詰められるのか。
とても楽しみです。
(脚本家:水谷 健吾)

2019年1月 7日 (月)

捏造タイムスリップ 稽古場レポート02

本日は集中稽古2日目!
今作「捏造タイムスリップ」は全3幕構成。
そして今日の稽古では終盤の第3幕を扱いました。
第1幕、第2幕の伏線が回収され、そして一人一人の登場人物に変化が訪れ、連鎖的に大きなうねりを起こすシーン。
役者陣も感情的になって盛り上がる場面なのですが、しかし、演出の中原さんは、「茶番に見えないように」と役者に伝えます。
目の前の出来事だけか、その役の人生全て、ということはあり得ません。
それぞれの役には、今ここで起きている以外の人生があります。
自らの目的を果たすため、実は他にも無数の選択肢がある中で、あえて「この場所に来て」「こういう会話をする」という行動を選んだ理由があるはずです。
そこに必然がなければ、上辺だけの小さくまとまった作品になってしまいます。
特に本作品は、大学の部室とその外のみを扱うワンシチュエーション。
普段、登場人物たち同士がどんな会話しているのか、どういう人生を送ってきたのかが描かれることは、ほとんどありません。
だからこそ、自分の役をもっと好きになり、お芝居に出てこない役の人生を考え抜くことが大事、と中原さんは仰っていました。
最後の最後まで妥協しないその姿勢に、役者陣も何か伝わったものがあったようです。
本番まであと11日。
衣装や小道具などもだんだん揃ってきて、着実に世界が出来上がっていっているのが見えてとてもワクワクしています!
セリフをほとんど頭に入った役者が多く、全体的な熱量も今まで以上にあり、エネルギーが強くなってきました。
とは言っても、セリフを形式的に言うのではなく、常に自分の気持ちが流れる状態で、時にはシンプルに言葉を相手に届け、そして感受性豊かにして相手の言葉で自分の気持ちが変化することをもっと大切に。
残り稽古期間はわずかですが、さらに素敵なものになっていく気しかしません!!
明日は集中稽古が始まって初の通し。
舞台装置である部屋の扉やロッカーも到着します。
どんな稽古になるのでしょうか? 楽しみです!
(演出助手:中野 真由子)

より以前の記事一覧