« 「青い鳥」の動画の一部をYouTubeチャンネルにアップしました。 | トップページ

2024年2月27日 (火)

サブテレニアンプロデュース ガザモノローグ2023  The Gaza Monologues 2023

Img_8859_20240227225401

 

「ガザ・モノローグ」は、パレスチナ自治区ガザ地区で大きな紛争と苦難を経験した人々の声と経験を紹介する演劇プロジェクトです。2010年にパレスチナのラマッラーにあるアシュタール劇場とイスラエルのハイファにあるアル・ミダーン劇場の共同プロジェクトとして、進行中のイスラエル・パレスチナ紛争とガザの人道危機への抵抗の表現として産まれました。


何年にもわたって、「ガザ・モノローグ」は進化を続けており、変化する現場の現実を反映するために新しいモノローグが追加されています。

「ガザ・モノローグ2023」は2023年のパレスチナ連帯の日(11月29日)に世界中の劇場で上演されました。日本ではデモの中で朗読されましたが、劇場での公演はありませんでした。

「ガザ・モノローグ」に共鳴したサブテレニアンは、パレスチナ連帯に加わりたいと考え、テキストを翻訳し、三人の俳優による朗読の公演を行いました。

You Tubeに全編をアップしていますので、ぜひご覧ください。
The Gaza Monologues 2023 サブテレニアンプロデュース ガザモノローグ 


アフタートークには『パレスチナ/イスラエル論』の著者で東京経済大学教授の早尾貴紀さんをゲストにむかえました。早尾さんは「通常の理解をはるかに超える、理性それ自体を無化するような暴力を、同時代を生きる我々が、それでも想像力を働かせ理解することが問われている」と語りました。また、パレスチナでの滞在で出会った詩人サーミ・アイ・カシムとの思い出に触れ、政治や抵抗の詩に節をつけて歌うことが日常であることを語ってくださいました。政治、文化、日常が近づくような試みを行う、サブテレニアンのような取り組みを応援したいと話していただきました。
(さたけれいこ)

The Gaza Monologues 2023 at SUBTERRANEAN
2024.2.18
Text/アシュタールシアター ASHTAR THEATRE
翻訳・構成・演出/赤井康弘 AKAI Yasuhiro
出演/葉月結子 HADUKI Yuko 矢内文章(アトリエセンターフォワード) YANAI Bunshou(ATLIER CENTRE FORWARD)赤松由美(コニエレニ) AKAMATSU Yumi(koniereni)
照明/麗乃(あをともして) RENO(AWOTOMOSHITE)
After talk/早尾貴紀 HAYAO Takanori
企画・製作/赤井康弘 AKAI Yasuhiro
主催/SUBTERRANEAN

Img_8849 Img_8851 Img_8855

 

« 「青い鳥」の動画の一部をYouTubeチャンネルにアップしました。 | トップページ

event」カテゴリの記事

news」カテゴリの記事

stage」カテゴリの記事

インタビュー・対談」カテゴリの記事

別冊サブテレニアン」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。