« ことのはbox「班女」稽古場レポート09 | トップページ | ことのはbox「班女」稽古場レポート11 »

2020年10月13日 (火)

ことのはbox「班女」稽古場レポート10

本日は 2 度の通し。 コンクールの運営側からのお達しがあり、当班はゲネ、本番共に早い時間での公演となった ので、本日最初の通しは朝 9 時を集合時間として可能な限り実際に近い環境での通しを行 う。
一見それほど大差のない試みかもしれないが、特に役者陣からしたら入り時間や公演時間 は大変シビアな問題だ。 起きる時間、アップの時間、自分自身を整える時間...様々あるとは思うが、通常の舞台公演 においてこれほど早い時間に本番を迎えることはないのでこういったシミュレーションは 大事だ。
役者それぞれにベストなコンディションがあり、そこに至るためのルーティンであったり 準備などあると思うので、そこに至るまでのプロセスなどについて個々人で差があるだろ うからその感覚を覚えておくことは本当に大事だと思う。
私が演出をするときにもキャストには伝えるのだが、やはりメンタルや身体の状態の管理 だけはどれだけ伝えてもこちらでどうにか出来ることではないので感覚を覚えてもらう他 ない。 普段の公演ではそうそう有り得ない時間帯での作品作りになるため、自分も含めてしっか り集中してやっていかねばならない。
本日の通しは昼夜ともに芝居の内容としては悪くなく、特に夜の通しに関してはこれまで 積み上げたことや直近の返し稽古でやったことなどを大事にしながら演じることが出来て いたと思える通しであった。
テンポや表現の面でさらに突き詰めたい部分は尽きはしないがそれはきっと良いことなの だろう。 まだまだ出来ることがあるというのはもちろん終わりがないということではある反面、 日々役者陣が更なる先へ進み続けている証拠ではあると思うので、この姿勢を崩すことな く、兵庫いりに臨んでもらいたい。
また、個人的な話ではあるが、仕掛けの面ではミスはあったものの実際には大きな問題なく 進めることが出来たのは良いことの一つではあったが一度きりの本番しかないコンクール であることを考えるとやはり、ミスは許されないので現地では殊更に集中して臨みたい。

明日で最後の稽古日を迎え、15 日には兵庫入りだ。 ⻑いようであっという間に過ぎた、というのは稽古をしていると毎度の感覚ではあるが これだけ濃密で深い稽古をできていることは誇るべきことであるし自信にしてもらいたい と思う。
明日は泣いても笑っても最後の稽古日。 更なる高みに向かって実りある稽古であるよう願っている。

演出助手 岡崎 良彦

« ことのはbox「班女」稽古場レポート09 | トップページ | ことのはbox「班女」稽古場レポート11 »

稽古場レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ことのはbox「班女」稽古場レポート09 | トップページ | ことのはbox「班女」稽古場レポート11 »