« ことのはbox 稽古場レポート1 | トップページ | ことのはbox 稽古場レポート3 »

2020年3月18日 (水)

ことのはbox 稽古場レポート2

Team葉

今日から集中稽古に入り、初めて衣装や小道具を使っての稽古だった。

稽古に入る前に衣装合わせをした。今日初めて衣装を着たが、それぞれ役の衣装を見ると、よりその役をイメージしやすくなった。
また、ジプシーの衣装は統一感があり、夫婦や現場の人たちとの違いもある。ジプシーと夫婦、現場の人たちの間には、生き方、考え方、感じ方、様々なことにおいて違いがある。
衣装を着てみて、この違いやジプシーの家族としての統一感、絆をより見せなくてはならないと感じた。

衣装合わせの後は、稽古着に着替え、小道具を使ってのシーン稽古を行った。
小道具が入ると、それぞれのシーンがさらに明確になり、それに伴って新たな課題や問題点もてできた。
私の場合は赤ちゃんを抱く役なので、今日1日のほとんどは赤ちゃんの人形を抱いていた。今までの稽古では代わりのものを使っていたため、抱き方や渡し方、おしめの変え方などまだまだ練習しなければならない課題が出てきた。
今回の座組では、母親を経験した方や赤ちゃんの扱いに慣れている方が何人かいたため、今日はその方々に赤ちゃんの扱いについて教えてもらった。
私は今まで赤ちゃんをお世話すると言う経験がなかったため、人形ではあるが実際に赤ちゃんを抱いてみて知ることがたくさんあった。
赤ちゃんの重みだったり、腕の回し方、そして赤ちゃんを抱いてるだけで感じる腕の疲労感など、今日感じたことを忘れず、本番までに慣れていこうと思う。

全体としては、乱闘シーンで実際にスコップやツルハシなどを使ってやってみると危険な場面があった。
これからの稽古では、乱闘シーンを繰り返し合わせること、また、家族が歌う歌、楽器の演奏のシーンもまだまだ練習をする必要がある。
歌に関してはみんなが正確に歌うことに精一杯になり、楽しんで歌えてないので、これからの稽古で何度も合わせて、コミュニケーションをとりながら、楽しんで歌えるようにしていきたい。


ことのはbox劇団員 栗田真衣

« ことのはbox 稽古場レポート1 | トップページ | ことのはbox 稽古場レポート3 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ことのはbox 稽古場レポート1 | トップページ | ことのはbox 稽古場レポート3 »