« ニクバナレ第 1 回公演「今⽇、きみがいない」(6⽉12⽇~6⽉16⽇ 中野ウエストエンド)稽古場レポート03 | トップページ

2019年6月 7日 (金)

ニクバナレ第 1 回公演「今⽇、きみがいない」(6⽉12⽇~6⽉16⽇ 中野ウエストエンド)稽古場レポート04

稽古場最終日。申し上げた通り、昨日当たれなかった場の転換確認したうえで、通し稽古いたしました。
初回通しなので荒い部分は目立ちましたが、方向性を再確認し、また今後の課題も見つかる良質な通しだったと思います。現況で揃っている道具なども使用し、慣れもだいぶ見え始めました。
演出という仕事において、「ここで笑わせてほしい」「ここで泣かせたい」という観客を操作するような言葉は使わないように心がけています。僕自身、何かに対し感動することはありますが、誰に対してもその共感を強要できませんし、またその感動は誰にも邪魔できません。それは観客の立場でも同様ですので、演出として役者に「共感させる」内容を指示するということは傲慢であり、「そう思ってほしい」という押し付けがましい印象を与える恐れがあるからです。今回、会話劇であることは申し上げましたが、そこにあたかも偶発的に起きてしまった事件として見られないのであれば、会話劇の楽しみは半減してしまいます。脚本が存在する以上、そこには確かに既存の筋道があり、それをなぞる作業になってしまいがちですが、あらゆる可能性の中で、それが起こってしまった必然性を探すことを怠けてはいけません。それが全て偶然起こった事件として観客が目撃した時に、感動や笑いが生まれると信じています。もし、観客の反応を求めるのであれば、脚本の可能性の中で、その筋道を立てなければいけません。それは無数に存在しますし、役者の特性によってもバリエーションが違います。それを演出と役者で団結して模索することが肝要だと考えております。
もちろん、演出としての力量によっては、 その筋道を役者に指示するだけで、あたかも観客の反応が演出の思うがままであるような印象を与える舞台もありますが、今回は自身の実力不足と、より深く考察を重ねたいがために、役者とのディスカッションを緻密に繰り返しております。そのうえで、どんどんこの舞台の魅力が溢れてきていることを肌で実感しております。
まだまだ、稽古は重ねていきますが、より沢山の筋道を見つけ出し、より魅力的な物語を偶然のように起きた事件として皆様に目撃していただけるよう、まだまだ邁進してまいります。


ニクバナレ主催 佐藤弘樹

« ニクバナレ第 1 回公演「今⽇、きみがいない」(6⽉12⽇~6⽉16⽇ 中野ウエストエンド)稽古場レポート03 | トップページ

稽古場レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ニクバナレ第 1 回公演「今⽇、きみがいない」(6⽉12⽇~6⽉16⽇ 中野ウエストエンド)稽古場レポート03 | トップページ