« みそじん 「いろいろなおんな」volume2 稽古場レポート05 | トップページ | 捏造タイムスリップ 稽古場レポート01 »

2018年7月23日 (月)

みそじん 「いろいろなおんな」volume2 稽古場レポート06

みそじん第3回公演「いろいろなおんな。」volume2
作・演出/板垣雄亮
@下北沢OFF OFFシアター
サブテレニアンにて固定稽古、6日目。
12時に稽古場オープン。掃除をして小道具の確認をしながら準備をして
13時に稽古スタート。
いよいよ残すところ稽古もあと2回となり、各話ごとに違うテイストの話ではあるが一つの大きな物語としての統一感を持たせる為に各話の演出が入ってる間、他の役者も真剣に、時に笑いながら見守る。
そして新たな発見もありつつ、各話の細かなセンテンスを役者全員で共有していった事によって繋がりやキャラクターに更に深みが出てきたように思った。
その後17時半からもう一度転換をさらって、実際物はどこに置いてあるのか動線やタイミングなどを細かく精査していく。
やはり転換のシーンが死んではいけないし、それも含めてお客さんに楽しんで貰いたい。
転換をさらえたところで小休止を入れて18時半から通し開始。
直前にやった転換も含めて、今までで一番出来のいい通し稽古になったのではないだろうか。
まだまだ取りこぼしやキッカケのミスはあるものの、伝えたい事や演出の狙いはしっかりと観てる人に届いていたし何より肩の力が抜けていて役者が単純に楽しそうだった。
それはとても重要な事だと思っていて、やっぱりやる側がノってるのが分かると凄くストレートに思いは届くのだなと再確認できた。
様々な十二人十二色の花達をお客さんに愛していただけるような、そんな舞台になってきたと思う。
いよいよ、明日は最終稽古だ。でも、だからといって堅めていくのではなくさらなる追求と探求心で躍進していきたい。
(演出助手 多田竜也)
Img_2448

« みそじん 「いろいろなおんな」volume2 稽古場レポート05 | トップページ | 捏造タイムスリップ 稽古場レポート01 »

稽古場レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: みそじん 「いろいろなおんな」volume2 稽古場レポート06:

« みそじん 「いろいろなおんな」volume2 稽古場レポート05 | トップページ | 捏造タイムスリップ 稽古場レポート01 »