« みそじん 「いろいろなおんな」volume2 稽古場レポート01 | トップページ | みそじん 「いろいろなおんな」volume2 稽古場レポート03 »

2018年7月20日 (金)

みそじん 「いろいろなおんな」volume2 稽古場レポート02

みそじん第3回公演「いろいろなおんな。」volume2
作・演出/板垣雄亮
@下北沢OFF OFFシアター
サブテレニアンにて固定稽古、2日目。
13時に稽古場オープン。掃除など諸々の準備を済ませた後14時から最終話の稽古スタート。
読み合わせて話の中でのキャラクターの感情の流れや距離感、関係性について演出と共に話し合っていく。
間に入るSEなども含めながらどんどん話を立ち上げていった。
16時から1話目の稽古スタート。
最終段階の細かい演出が入る。
同じ空間で別の時間軸の話が展開していく為、誰に話しかけているのか、それを投げるのか、それとも自身に投影させているのかなど見ているお客さん目線での分かりやすさを追求していく。
重要なのはそれらを全て役者が共通認識として共有できているかどうかで、それによって物語のバックボーンまで伝わるのかどうかが大きく変わってくると思う。
18時から3話目の稽古開始。
追い込まれている状況の話である為、コメディとしての話の難しさに若干難航している。
役者、演出で流れについて話し合いをしているとお互いの認識が違っていた感情やキャラクター性を見つけることができた。
そこでの違いを擦り合わせた後やっていくと、驚くほどすんなりと上手くいった部分などもあってまだまだ面白くなるということが分かったのは今日の一つ大きな発見だった。
まだ転換や稽古不足な部分もあるので、近く予定されている通し稽古をまず一つ目のポイントとして明日以降の稽古も奮闘していきたい。
(演出助手 多田竜也)
2_180719_0004

« みそじん 「いろいろなおんな」volume2 稽古場レポート01 | トップページ | みそじん 「いろいろなおんな」volume2 稽古場レポート03 »

稽古場レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: みそじん 「いろいろなおんな」volume2 稽古場レポート02:

« みそじん 「いろいろなおんな」volume2 稽古場レポート01 | トップページ | みそじん 「いろいろなおんな」volume2 稽古場レポート03 »