« サブテレニアンプロデュース [洗濯室 | トップページ | みそじん 「いろいろなおんな」volume2 稽古場レポート02 »

2018年7月18日 (水)

みそじん 「いろいろなおんな」volume2 稽古場レポート01

みそじん第3回公演「いろいろなおんな。」volume2
作・演出/板垣雄亮
@下北沢OFF OFFシアター
サブテレニアンにて固定稽古、初日。
まず、10時にみそじんメンバー大石・天乃、演出助手の多田が稽古場入り。
舞台監督兼美術の吉川さんがいらっしゃり、まず舞台本番で実際に使用するテーブルや椅子などのセットを搬入。
その後、舞台図面を元に養生テープなどで OFF・OFFシアターでのセットの実寸場ミリ。
舞台、演出卓など稽古の準備があらかた完了したところで演出・その他のメンバーが入り、稽古スタート。
今回は前回に引き続き4話構成で話が進んで行くため、
各話それぞれに時間を分けて演出していただく。
小休止を挟みつつ、続いていく稽古。
プロンプを入れつつもドンドン細かいやり取りを洗い出していく。
一つ上手くいくと芋づる式にまた違った発見があり、いろいろな面白さがまだ台本に隠れていることに驚かされる。
その後はひたすら各話を順々に何度も通していった。
台詞の細かいニュアンスや反応を丁寧に拾っていく作業。
地道だがこの絶対に必要な作業が芝居をグッと良くするのでこの作業はこれからも継続していきたい。
これからの課題としてはまず、各話の間を繋ぐ転換が決まっていないのでセットチェンジ含めその部分を出来るだけ早く決定させて通し稽古を行いたい。
そうすればまだまだ12人のおんなたちの化学反応でもっと良いところが引き出されるはずだろう。
やはり本番同様のセットや舞台の広さがある事によって、全体像がスタッフ側も役者側もくっきり見えたので更に明日からの稽古が重要だし楽しみである。
(演出助手 多田竜也)
1_180718_0008
1_180718_0017

« サブテレニアンプロデュース [洗濯室 | トップページ | みそじん 「いろいろなおんな」volume2 稽古場レポート02 »

稽古場レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: みそじん 「いろいろなおんな」volume2 稽古場レポート01:

« サブテレニアンプロデュース [洗濯室 | トップページ | みそじん 「いろいろなおんな」volume2 稽古場レポート02 »