« SUBTERRANEAN Dialogue 仙台シアターラボ「特別な芸術」 | トップページ | SUBTERRANEAN Dialogue 劇団EnGawa「ホットパーティクル」 »

2018年2月17日 (土)

サブテレニアンプロデュース 「洗濯室」

サブテレニアンプロデュース 「洗濯室」

Sentakushitsu

2月8日(木)20時

2月9日(金)20時

2月10日(土)15時/19時

2月11日(日祝)15時

2月12日(祝)15時

料金/一般3000円 学生2000円

「洗濯室」は韓国軍部隊の洗濯室で繰り広げられる事件を綴った物語として、2014年韓国の軍部隊で実際に起きた「ユン一等兵死亡事件」をモチーフとして作られた作品である。

 

「秋の晴れた日の朝」の整然とした「洗濯室」という場所は、軍人たちに暗黙的に起こる暴力の空間であり、逆説的な詩空間の概念だ。

キャスト/アフリカン寺越 小森理(THEATRE ATMAN) 四宮章吾 生野和人(ハンザキ) 田村義明(荒馬の旅) 羽生直人 山本啓介

作/ファン・スンウク

演出/イム・セリュン

舞台美術/よこたたかお 照明/佐瀬三恵子(未定ノ類)音響/山田尚古(未定ノ類) 翻訳・通訳/大久保賢一 宣伝美術/伊東祐輔(おしゃれ紳士) 制作/赤井康弘 製作/サブテレニアン

ファン・スンウク/ 1986年蔚山生まれ 中央大学校 演劇学科 卒業 韓国芸術総合学校 演劇院 劇作家MFA 在学中 <活動> '15 「友様たち」/作・演出 ’15 DMZ 平和芸術祭/構成作家 ’16 Play Teaplay/ヘマ・ドラマカンパニー/作・演出 '16 「洗濯室」/アルコ小劇場/作家 '16 「オンオフ」/ヨヌ小劇場/作・演出 <受賞> '15 第18回新作戯曲フェスティバル当選「オンオフ」 '16 朝鮮日報新春文芸当選「洗濯室」 

イム・セリュン/ 1973年、ソウル生まれ。ソウル・大学路でスタッフとして活動を始め、2009年、劇団Daを旗揚げ。  校内暴力とトラウマに関する「大人の時間」、光州事件とその後をつづった「父と暮らせば」等の代表作を上演し、使命感のある歴史意識を込めた作品を上演する演出家として、評論家からの注目を受けている。  2013年以降、日本との交流を始め、「F.+2」「ゴルゴン」等の日本の作品を大学路で上演した。  〈受賞〉 2007年 100万ウォン演劇祭 最優秀作品賞 2011年 韓国文化芸術委員会次世代演出家3人選定 2014年 ソウル演

« SUBTERRANEAN Dialogue 仙台シアターラボ「特別な芸術」 | トップページ | SUBTERRANEAN Dialogue 劇団EnGawa「ホットパーティクル」 »

event」カテゴリの記事

news」カテゴリの記事

stage」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サブテレニアンプロデュース 「洗濯室」:

« SUBTERRANEAN Dialogue 仙台シアターラボ「特別な芸術」 | トップページ | SUBTERRANEAN Dialogue 劇団EnGawa「ホットパーティクル」 »