« Ammo「光、さえも」稽古場レポート04 | トップページ | Ammo「光、さえも」稽古場レポート06 »

2017年9月12日 (火)

Ammo「光、さえも」稽古場レポート05

12:30 稽古場あけで稽古開始
演出家が15:00着のため、それまで振付家とダンス・ムーヴィングのシーンのメンテナンスをしてもらう。主な変更点は二つ。
ひとつは、「音がなりパキっとダンスに入る」のか、「ブレスなどを多く入れ、ダンスシーンとダイアログの境目をあいまいにする」のかを確認し、後者に設定。キッカケの音がなりだしても芝居を続ける俳優とそうでない俳優の差をつける。また、一度入った時は、ダンスに必死にならず、演技をしながらダンスをする、ことを徹底させる。
15:00に演出家着。
会議シーンと中心に当たる。反応が遅い、となんども同じ駄目出しが続く。ただ単純にテキストの間を詰めればいい、というだけでなく言葉に鋭敏になる。自分にひっかかる言葉、反応できる言葉、逆に理解できない、反応が遅い言葉を区分けしていく。現状としては反応が遅い言葉はきちんと反応ができているが、早い方にはまだまだ遅い。
17:00 食事休憩
18:00 セリフ2倍速回し
19:00 通し稽古
衣装の問題についても指摘。舞台美術との兼ね合いを考え、一部変更。
通し稽古については、会議シーンを詰めていった結果、2対2のダイアローグが一番大切という結論にたどり着く。明日はそのシーンを抜き稽古する予定。
ドラマターグからフィードバックが到着。エンディングを書き換える用意をする。

« Ammo「光、さえも」稽古場レポート04 | トップページ | Ammo「光、さえも」稽古場レポート06 »

稽古場レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Ammo「光、さえも」稽古場レポート05:

« Ammo「光、さえも」稽古場レポート04 | トップページ | Ammo「光、さえも」稽古場レポート06 »