« ヘアピン倶楽部「遍在、或は、いつもの軽く憂鬱な水曜日について」 稽古場レポート04 | トップページ | ヘアピン倶楽部「遍在、或は、いつもの軽く憂鬱な水曜日について」 稽古場レポート06 »

2017年4月22日 (土)

ヘアピン倶楽部「遍在、或は、いつもの軽く憂鬱な水曜日について」 稽古場レポート05

4月21日
今日は通しを2回した。
1回目の通しは、カラダが起きていなかったのか、少し、意識の濃度が薄いきがした。
その点を指摘して、2回目の通しをした。
感触としては悪くない。
徐々に作品の色が出てきたように思う。
役者が作品に向き合う集中力も増してきたように思う。
それに伴って、作品を作っていく、作業のスピードも急速に上がってきた。
不必要なものを削ったり、足したりする、作業を繰り返していく。
どんどんとシャープになっていっているように思う。
進むべき方向性も見えてきたように思う。
ここ数日は通しをして、気になる所を修正して、また通してって作業をしている。
作品の性質として、止めてダメだしをすることが得ではないと感じてるから。
合間で役者さんどうしで話しあう頻度が増えてきている気がする。
いい傾向だと思っている。
舞台上側で、何かをつかみ取ろうしている姿勢はいい傾向だなと思う。
稽古が進んできて、出てきた問題も見えてきた。
その辺はまだどうしたらいいのかってことを見つけられていないが、あきらめずに考えていこうと思う。
小屋入りまで、あと2日ある。
まだまだ、道のりは遠い。

« ヘアピン倶楽部「遍在、或は、いつもの軽く憂鬱な水曜日について」 稽古場レポート04 | トップページ | ヘアピン倶楽部「遍在、或は、いつもの軽く憂鬱な水曜日について」 稽古場レポート06 »

稽古場レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« ヘアピン倶楽部「遍在、或は、いつもの軽く憂鬱な水曜日について」 稽古場レポート04 | トップページ | ヘアピン倶楽部「遍在、或は、いつもの軽く憂鬱な水曜日について」 稽古場レポート06 »