« 舞台版「実録・連合赤軍あさま山荘への道程」稽古場レポート01 | トップページ | 舞台版「実録・連合赤軍あさま山荘への道程」稽古場レポート03 »

2017年2月28日 (火)

舞台版「実録・連合赤軍あさま山荘への道程」稽古場レポート02

開幕まであとわずか、舞台稽古も自然と熱を帯びたものになってくる。
「皆も総括要求すべきなんだ!」森の怒号が暗闇を切り裂く。
漆黒の閉ざされ空間で、揺らめく炎はいったい何を見ているのだろうか。
45年前の今日、2月28日、あさま山荘で連合赤軍メンバー、坂口、坂東、吉野、加藤倫教、元久が検挙された。
警察による連日の放水の影響でさらに気温が低下する中、あさま山荘の中で5人はどのような気持ちでその時をむかえようとしていたのだろうか。
連合赤軍メンバーの心中は事件後生まれた我々には知るよしもない。しかし我々は我々の連合赤軍を表現しなければならない。
001
和気あいあいとした空気の中、演出助手の声がサブテレニアンの稽古場に響く。
「あと8分でーす!」今日はついに一つの物語として舞台「実録・連合赤軍あさま山荘への道程」が語られる荒通し初日だ。皆それぞれの持ち場に入り気持ちを切り替えていく…そして…赤軍兵士の目に変わっていく。

002

 
緊張感が漂う中、私達のあさま山荘が始まっていく。顔合わせの日、ぎこちなかった20人の役者が一つの作品の中で、お互いを知りその時を生きていた人物を理解しようとしている。何とか解ろうとし踠いている事が感じられる。まだまだだ!もっともっと!
実在の人物を演じるという事は本当に難しい。役者たちは踠き苦しみながら何を掴むことができるのだろうか。
003
「この場で起こっている事を大切にして下さいね」
役者の苦悩を知ってか演出のシライの声が静まり帰った稽古場に響く。
舞台版「実録・連合赤軍あさま山荘への道程」公演まで残り9日 稽古は深夜近くまで続く
若松プロダクション
尾崎宗子

« 舞台版「実録・連合赤軍あさま山荘への道程」稽古場レポート01 | トップページ | 舞台版「実録・連合赤軍あさま山荘への道程」稽古場レポート03 »

稽古場レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 舞台版「実録・連合赤軍あさま山荘への道程」稽古場レポート02:

« 舞台版「実録・連合赤軍あさま山荘への道程」稽古場レポート01 | トップページ | 舞台版「実録・連合赤軍あさま山荘への道程」稽古場レポート03 »