« ことのはbox「ジプシー」 稽古場レポート01 | トップページ | ことのはbox「ジプシー」 稽古場レポート03 »

2016年8月10日 (水)

ことのはbox「ジプシー」 稽古場レポート02

稽古場レポート 8月9日(火)
ことのはbox第5回公演
「ジプシー〜千の輪の切り株の上の物語〜」
2016年8月18日(木)〜22日(月)
於:武蔵野芸能劇場 小劇場
昨日より、サブテレニアンにて集中稽古。
昨日確認しきれなかった、稽古場でついたミザンスを、段差などを踏まえて確認。
本番まで近づいてきて感じることとして、
稽古以外の場所でどれだけの時間を持つか、ということが今回の稽古場では明確に見えてきたように思う。
もちろん稽古のみで芝居が完成して行けばいいのではあるが、
多数の役者陣が、個人プレーではなく、ある種全体として、型で魅せるようなシーンが多く含まれており
今回の演出のあり方としては、家族の中や、関係する人との中でどれだけディスカッションが出来ているかが問われるように思う。
最初ちぐはぐだった、若手三人のハチャメチャなシーンは、稽古外でも積極的に集まり、模索した結果、とても良い効果が出ている。
日付が変わり本日になってしまったが、本日の稽古では初通しを行う。
点として作ってきた、各シーンを線で繋げる事が出来ると、また役者の中で新たな発見が生まれることだろうと思う。
初通しには、照明、音響、舞台監督、制作が一堂に会すことになった。
本日の初通しを見て、また、テクニカルも話がもぅ一歩先に進む気がする。
まずは、本日の初通しで、役者に今回の、演出の見ている作品の形が伝わると良いと思う。
今から見るのが楽しみである。
ことのはbox
酒井菜月

« ことのはbox「ジプシー」 稽古場レポート01 | トップページ | ことのはbox「ジプシー」 稽古場レポート03 »

稽古場レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ことのはbox「ジプシー」 稽古場レポート02:

« ことのはbox「ジプシー」 稽古場レポート01 | トップページ | ことのはbox「ジプシー」 稽古場レポート03 »