« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月

2016年6月14日 (火)

楽園王『楽屋』

サブテレニアンでは、10周年記念月間として、2016年4月28日から6月12日まで7つの公演を行ってきました。

最後のラインナップ、楽園王『楽屋』が無事終演しました。お越しいただいた皆様、応援いただいた皆様、誠にありがとうございました。
サブテレニアン10周年記念公演も『楽屋』をもって終演いたしました。誠にありがとうございました。
意図はしておりませんでしたが、記念公演の幕開けの『ナジャ』も幕引きの『楽屋』も、チェーホフの『三人姉妹』を引用した台詞が最後のシーンを飾りました。長女オリガの台詞です。私たちも、楽隊の音楽に耳を澄ませながら精進いたします。
------
楽園王『楽屋』
2016年6月8日(水)20:00 9日(木)20:00 10日(金)20:00 11日(土)15:00/19:00 12日(日) 11:00/15:00
作:清水邦夫 演出:長堀博士
出演:大畑麻衣子 岩澤繭 小林奈保子 川島むー(お茶祭り企画)
◎作品紹介:清水邦夫の「楽屋」は、20周年だった2011年の春に上演予定だった作品。3月11日に震災が起こり、楽園王では「この時期は演劇の時期ではない」と判断して、中止にした。年月の分、募る思いで制作します。古典戯曲を多く手掛けるカンパニーとして、丁寧に、静香な様式美の作品として上演します。
◎団体紹介:楽園王は今年25周年を迎える東京を拠点とした劇団です。毎年10本近くの演出作を、上演場所を選ばずに本全国で発表しています。言葉の意味や内容より"音"に注目し、様式美にこだわった作品作りをします。利賀演出家コンクール、優秀演出家賞受賞。利賀演劇人コンクール、奨励賞受賞。25周年の今年は「祝祭」の意味と、次への「布石」の意味をこめて、合計8本の作品を発表予定。
Img_7989
Img_8007
Gakuya

2016年6月 8日 (水)

雲の劇団雨蛙『ある朝、10時頃』

サブテレニアンでは、10周年記念月間として、2016年4月28日から6月12日まで7つの公演を行っています。
最後のラインナップは楽園王『楽屋』です。
”霊を描くことは闇を描くということ。楽園王は25周年第2弾は、6月8日-12日@サブテレニアン→清水邦夫『楽屋』を上演いたします。”(楽園王・長堀博士)
ぜひお越しください。
雲の劇団雨蛙『ある朝、10時ごろ』は無事終演しました。お越しいただいた皆様、応援いただいた皆様、誠にありがとうございました。
雲の劇団雨蛙
『ある朝、10時ごろ』
6月3日(金)19:00 4日(土)14:00/19:00 5日(日)14:00
作:佃典彦(B級遊撃隊) 演出:岡田和歌冶(雲の劇団雨蛙)
出演:板谷悠輔(ゆーりんプロ) 川端和孝(雲の劇団雨蛙) 木下晴登(雲の劇団雨蛙) 田中達也(劇団ペリカン) 武蔵真之介 屋久梅知吉(キレイゴト) 山﨑謙悟 寺島里香(志事務所) 他
◎作品紹介:島を沖に望む港町。桟橋でボトルメールを造る男。ヌード写真集の撮影場所を探しに来た編集者はその男にいいように使われ、当惑。おまけにこの男、さまざまな仕事をもち、それ毎に名前を変えている様子。怪しいあんたは何者!?それはそうと、撮影場所に禁足の島に目をつけた編集者。島民は驚き。その島にはやっかいな虫がいるといううのだ。折しもその日虫にまつわり、人身御供な「蟲男」をたてる奇祭が行われていて…。
◎団体紹介:雲の劇団雨蛙は島根県出雲市と東京に拠点を置きながら、累計18都市200ステージ公演を実施。北は北海道、南は福岡まで全国各地に出没している。活動としては、幅広い作品の演出からオリジナル作品上演、プロデュース公演と多岐に渡る。第一回かもめ短編演劇祭にて全国4位入賞。また、毎年10月には全国で出会えた劇団を招いて出雲にて雲劇祭を開催している。
Img_7973




2016年6月 2日 (木)

fundada 『サイト』

サブテレニアンでは、10周年記念月間として、2016年4月28日から6月12日まで7つの公演を行っています。

fundada『サイト』は無事終演いたしました。ご来場いただいた皆様、応援いただいた皆様、誠にありがとうございました。
fundada『サイト』
2016年5月20日(プレビュー公演)・21日・22日
新作『サイト』とSTスポット主宰N.N.N.4出品作品『譚々』の2本同時上演。(プレビュー公演は『サイト』のみ上演。)
Dance/伊藤麻希 Perc./織本卓(『譚々』のみ) Lighting/伊藤侑貴 Sound/野崎爽 Direction&Choreogtaph/伊藤麻希
◎作品紹介:身体で起こるすべての動きがダンスになるとせよ
 
1.なにを眺めているのか
2.なにが光っているのか
 
ここにないものは、何か?
 
◎団体紹介 伊藤麻希:3歳からモダンバレエを佐藤典子に師事。横浜国立大学進学後モダンダンス部にて作品制作を始め、自主企画公演なども複数行う。立教大学現代心理学研究か映像身体学専攻において勅使河原三郎、宇野邦一のもとダンス作品制作を行う。冨士山アネット、中村蓉などの作品に客演、また演劇作品や映画の出演なども行う。
2011年、劇場作品の上演を目的とした<fundada>を設立し活動開始。主な劇場作品として『figure.』(2011) 、『allele』(2013)。
Ao4y11992_2
©竹内準
Ao4y12642
©竹内準
155_882
©浦野俊之
155_2712
©浦野俊之

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »