« 危婦人「ボナミ」稽古場レポート04 | トップページ | 仙台シアターラボ『透明な旗』アフタートーク SUBTERRANEAN Dialogue »

2013年8月20日 (火)

危婦人「ボナミ」 稽古場レポート05

本日初日です。
最後の稽古場レポートです!
稽古場レポート5
スタジオ稽古、5日目。
そして、最終稽古!! ほんとに、あっと言う間である。
この企画が立ったのが、今年の2月のことだった。
あれから半年。まだまだ時間はある、と思っていたが、来週には劇場入りだ。
今日の稽古は、1場からの返し稽古。
流れは十分にでてきたから、あとは細かいところをつめていく。
稽古を重ねていくと、初めは自然にできていたところが、段取りの動きや気持ちになってしまうことが多々ある。
少し刺激を与えて、新鮮さを取り戻す。
役者にしてみたら、もっと早く言ってくれよ、ということも多々あるとは思うが。
今の段階だからこそ、あえて壊して再構築するのだ。
私には特に演出論というものはない。
ただ、影響を受けた演出家はいる。
もうかれこれ20年ほど前か。自分が役者で舞台に立っていたときに演出していただいた方だ。
とにかく細かく演出される方だった。
その場のリアルな感情を見せないと、まあそれはそれは注意をされる。
その時私は、50代のおばちゃん役と、中学生の役、二役だった。
中学生の衣装は、ひらひらヒダスカートの制服だった。
劇場稽古のとき、いつもスカートの下に履いてたスパッツをはかずに稽古にでてしまった。
私のシーンに、家庭教師の先生の元へ、勢いよく移動する、という動きがあった。
床に座っていて、立たずに動かなくてはならない。
いつもなら、中にスパッツをはいていたので、
何もひるむことなく、スカートをひらり、としながら動くことができた。
でもその日は違った。いつもと同じようやったら、スカートの中が丸見えになる恐れがあった。
迷った。その結果、私は動きを妥協した。いつもより勢いもなく、ただの段取りにような動きになったのだ!!
そしたらまんまと指摘された。
段取りでやるんじゃない! と。
私は確かに躊躇した。パンツが見えてならぬと。余計な邪念が、リアルな感情(動き)を壊していた……。
まあ強いていえば、それが、私の演出論のバイブルといえるかもしれない。
5日間のスタジオ稽古で、じっくりと芝居が熟成した!
明日から小屋入り。
いよいよはじまる。
危婦人公演 「ボナミ」 @下北沢Geki地下リバティ
8月20日(火)~25日(日)
詳細 http://www.kifujin.net

« 危婦人「ボナミ」稽古場レポート04 | トップページ | 仙台シアターラボ『透明な旗』アフタートーク SUBTERRANEAN Dialogue »

稽古場レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 危婦人「ボナミ」 稽古場レポート05:

« 危婦人「ボナミ」稽古場レポート04 | トップページ | 仙台シアターラボ『透明な旗』アフタートーク SUBTERRANEAN Dialogue »