« シグナルズ「あなたがいたから」 稽古場レポート07 | トップページ | 危婦人「ボナミ」 稽古場レポート01 »

2013年6月19日 (水)

雲の劇団雨蛙「盲人書簡」稽古場レポート

今月末、サブテレニアンでは寺山修司の代表作「盲人書簡」が上演される。その稽古場にお邪魔した。

上演するのは、島根を拠点として活動する雲の劇団雨蛙。演出は名古屋在住の寂光根隅的父(ジャコウネズミのパパ)/双身機関、出演者は雲の劇団雨蛙の代表でもある朝日山裕子さんらと名古屋の俳優2人、オーディションで選ばれた東京の俳優5人の計8人。
先日、都内で行われていた稽古では、東京組の俳優と朝日山さんの6人が演出家に与えられた課題を考えつつ、シーン作りをしていた。喋るべき台詞は決まっているが、それをどう身体に落とし込みながら、他の俳優との関係のなかで舞台の上にどのようなシーンを作っていくのかは俳優に任されているようだ。演出助手である岡田和歌治さん(雲の劇団雨蛙)にも助けられながら、一見遅々としているが有意義な稽古が繰り広げられる。もやもやしていたシークエンスが、誰かの一つの動きをきっかけに劇的な瞬間に変わったり、やはり舞台は自分のことだけではなく、他者(=リアクション)を大事にしなければならないという、当たり前だけど演じているとつい忘れてしまうようなことも稽古を見ていると発見できた。
今週末からの名古屋での稽古を経て、来週末、サブテレニアンで上演されるのがとても楽しみになった。
寺山修司の伝説的な作品が、闇に包まれて、生まれ変わります。
雲の劇団雨蛙「西向く士、東へ」プロジェクト第3弾/SENTIVAL!2013参加
『盲人書簡』
作:寺山修司
演出:寂光根隅的父(双身機関)
    *利賀演劇人コンクール2012優秀演出家賞、観客賞受賞
出演:島根/朝日山裕子(雲の劇団雨蛙)
   東京/佐藤愛、竹内もみ(劇団スクランブル)、田仲ぽっぽ、中根道治(劇団      スクランブル)、山本啓介
   愛知/加東サユミ(CaRuta)、ポチ(双身機関)
6 /28(金)18:00
   29(土) 14:00/18:00★
   30(日) 18:00
      ★終演後トークあり
一般 / 前売 2,500円 当日 3,000円
学生(要学生証) / 前売 2,000円 当日 2,500円
【雲の劇団雨蛙】
作・演出家 岡田和歌冶と島根の女優 朝日山裕子のユニット。
2012年9月劇王X中国ブロック大会より活動開始。その時の演目「positive」を1000人に見てもらうべく、全国行脚中。また、5年後の劇団を想像し、全国で知り合った演劇人達と様々なプロジェクトを立ち上げ活動している。
【「西向く士、東へ」プロジェクトとは】
雲の劇団雨蛙が旅公演中に各地で出会った演出家を呼んで、2・4・6・9・11の月に公演を行う企画である。

« シグナルズ「あなたがいたから」 稽古場レポート07 | トップページ | 危婦人「ボナミ」 稽古場レポート01 »

稽古場レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雲の劇団雨蛙「盲人書簡」稽古場レポート:

« シグナルズ「あなたがいたから」 稽古場レポート07 | トップページ | 危婦人「ボナミ」 稽古場レポート01 »