« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

2007年11月23日 (金)

桃唄309「三つの頭と一本の腕」通し稽古(11/18)

劇団桃唄309稽古風景の動画配信第三弾。サブテレニアンにて行われた通し稽古の一部です。本公演は11/21〜12/2、こま ばアゴラ劇場にて。福島県立いわき総合高等 学校の生徒による高校生版も上演いたします。

2007年11月16日 (金)

桃唄309公開稽古(11/13)動画配信

11/12,13と、劇団桃唄309さんの公開稽古が行われました。13日の模様を動画配信いたします。(9分程度)
継続して稽古を見ていると、演技や演出にも変化が見られて大変興味深いです。
動画配信ははじめての試みなので、改善するべき点が多々ありますが、興味を持っていただけたら幸いです。

2007年11月12日 (月)

桃唄309公開稽古(11/5)動画配信

11/5に行われた公開稽古の一部です。(6分程度。ほんの一部です。)福島県のいわき市を舞台にしており、劇中には実際の地名がたくさん出てきます。戯曲・演出の長谷さんのブログでは、長谷さんが訪れたいわきの遺跡や町の様子が写真入りで紹介されています。きれいな写真ばかりなので、よかったらのぞいて見てください。(mlog)


2007年11月 6日 (火)

桃唄309公開稽古

劇団桃唄309「三つの頭と一本の腕」の公開稽古が開催中です。(11/5,6,12,13 いずれも19時半より)料金は無料ですが、完全予約制なので、お早めにご連絡ください。

役者一人一人への細かいダメ出しもじっくり見ることができます!このような機会はなかなかありませんよ。

近日中に動画配信も行いますのでどうぞお楽しみに。

P1010437
『三つの頭と一本の腕』は、福島県の民話や伝承を背景にした、ミステリ仕立ての芝居です。
膨大な量の民話や伝承をベースに、今の日本を見つめ直す物語を構築します。
-----
本公演板
民話や地方の習俗を収集研究するアマチュアのグループ。 怪死した仲間の足取りを追うなかで、因習、民話、伝承、そして律令国家成立の頃にまで遡る確執の世界に巻き込まれていく。 東京、そして福島県の旧家を舞台に繰り広げられる、懐かしく、暖かい、闇。
高校生版
本公演版の登場人物の一人が高校生だった頃。 就職、受験、定まらない進路など、期待や焦燥を抱えつつ、半年後には別の道を歩み出す彼ら。 同級生たちと共に、山奥の「実家」に数名で泊まりに行ったことで、民話と伝承、 層をなす地域史の迷宮に、足を踏み入れていく。十数年後につながる「事件」の種は、既にこの時から蒔かれていた……。
------
本公演の他に、福島県いわき市の高校生による高校生版も上演します。
公開稽古は高校生の参加はありません。

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »