« どて劇団 | トップページ | ピチチ5ワークショップ »

2006年7月10日 (月)

「どて劇団」稽古場レポート

7/8 稽古場に伺いました!

どて劇団7/14〜17、ザムザ阿佐ヶ谷第4回公演「BIO SBEEL Ⅳ」

どて劇団は、今度の公演が4回目という、フレッシュな劇団です。第二回と第三回の公演は、ザムザ阿佐ヶ谷で公演され、それがザムザ阿佐ヶ谷さんの目にとまり、今回から提携劇団という形で公演します。
脚本は川口清人さん、演出は滝沢明弘さん。お二人は出演もされます。川口清人さんは新人シナリオコンクールで市川市水木洋子シナリオ賞を受賞されています。どて劇団の脚本は、滝沢さんと川口さんの何度にも渡る打ち合わせのもと書かれているそうです。(打ち合わせはお酒をのみながらのことも多いそうです!)

詳しいストーリーは本番でご覧いただくとして、簡単なご紹介を。二人一組で滑走路を滑り、タイムを競い合うスポーツ「スベール」、その日本代表を狙う選手達と監督、元日本代表、彼らの恋人、などなどが繰り広げるお話。日本代表選考合宿にのぞむ彼らに、思いもよらぬ事件がおこります。
本番では、この「スベール」にご注目ください。
タッパが4mのザムザ阿佐ヶ谷を滑りまくります!


P1000376_1
稽古場にお伺いしたら、役者の中川みどりさんの指導のもと、ダンスの稽古の真っ最中でした。個々に指示を出しながら、全体のダンスを作りあげていきます。まさにクライマックスのシーンだったようで、勢い満点。









P1000406_1

ダンスの稽古が一段落したら、今度は頭から返し稽古。動きもセリフも変わっていきます。演出の滝沢さんと役者さんの話し合いで、何でも無さそうなシーンが、笑える、引っかかりのあるシーンに変わっていくのが分かります。









P1000409_1
P1000404_1
P1000400_1








役者さんたちのキャラクターにもご注目ください。私にとってツボな人がたくさんいらっしゃって、舞台を見るのが楽しみです。



P1000413_1
















本番直前稽古なので、細かい調整が多い稽古でした。コメディはこうして作られていくんですね。

興味をもたれましたら、ぜひ本番をご覧ください!


« どて劇団 | トップページ | ピチチ5ワークショップ »

稽古場レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「どて劇団」稽古場レポート:

« どて劇団 | トップページ | ピチチ5ワークショップ »